宜保和也のアマハイクマハイ

 

vol.3 アルバム「開拓移民の唄」レコ発終了!舞台公演では四国へ!

oosu pressをご覧の皆様ハィサーイ! 沖縄の三線唄者 宜保和也です。10月よりマンスリーでこちらのコラムを担当する事になりました。どうぞよろしくお願いします。ハイサイは沖縄の方言で「こんにちは」そしてコラムタイトルのアマハイクマハイは「あっちこっ ち」という意味です。

3発目の今回は、最近の活動報告と舞台公演で行った各地のおすすめ食事スポットを紹介させていただきます。ミュージシャンではございますが、話題は音楽だけでなくあっちこっち寄 り道させていただきます。それが宜保和也のアマハイクマハイでございます。ユタシク!(← よろしく)

まずは活動報告です。10月10日に新しいアルバム「開拓移民の唄」を発売しました。CD発売ライブで10月は東京、大阪、滋賀、そして地元沖縄で公演を行いました。滋賀は初めてのワンマンライブ、緊張しましたが、会場の皆様とても温かく、和やかな雰囲気で演奏させていただきました。そして忘れられない滋賀の思い出がもう一つ、ライブ後に食べた近江牛です(笑)

ツアーファイナルは地元沖縄で開催。今回のアルバムのレコーディングメンバーでもある沖縄民謡界の歌姫 我如古より子さんや、アルバムの中の「東西南北わらべうた」で参加してくれた子供たち総勢15名、他レコーディングに関わってくれたたくさんのアーティストで賑やかにお届けしました。いろんな人に支えられてできたアルバム、そして開催出来たツアーフ ァイナルでした。本当に感謝です。

ツアーファイナルの翌日10月28日からは、琉球舞踊の地謡のお仕事で四国に来てます。沖縄の伝統的な着物を着て琉球古典音楽を演奏するお仕事です。文化庁という国からのお仕事 で、ここ何年かさせて頂いてます。やりがいのある仕事です。公演終了後は地元の美味いものを食べに行くのも楽しみの一つです。現在は公演の途中で香川県高松にいます。高松のおすすめグルメは「骨付鳥 一鶴(いっかく)高松店」。雛鳥、親鳥の二代看板メニューが最高です。スパイシーな味付けはビールによく合います!高松にお寄りの際は是非!

季節は徐々に冬の気配ですね。風邪など引かぬようご自愛ください。年明け2月には名古屋公演も開催予定です。是非ライブでお会いしましょう!

ライブ情報、他活動情報詳細はオフィシャルHP、SNSを是非チェックして下さい!

宜保和也オフィシャルHP http://gibokazuya.com/

copyright